快眠まくらっている? -王様の夢枕



お値段のはる枕ってやっぱりいいのかなというふとした疑問から、買っちゃいました。
その名も、<王様の夢枕>。
お値段6000円、「王様」で、しかも「夢」!
これは期待値高いですよ!さあ、いるコレ!?

そもそも購入のきっかけは、頭皮への負担でした。
それまでは無印かどこかで買った羽毛枕を使っていたのですが、どうも後頭部に抵抗と摩擦を感じていたのです。
それでこのままでは枕のせいでハゲになるんじゃないかと不安を感じ、いっそ高いのを買ってやろうと思い立ちました。

それで高いの買うぞー!と気合を入れてダイエーに行った際、偶然店舗で売られていたのがこの王様の夢枕でした。
ちなみに運よく半額セールで売られており、なんと3000円でゲット!

さて、この王様の夢枕とはいかなるものか。
平たく言うと、10年くらい前からクッションですっかりおなじみになった、あの細かい粒のビーズクッション。あれが枕になったものです。
乗っかるとずぼずぼずぼーっとどこまでも沈んで、気持がいいあれです。
あの超小さいビーズに頭を沈めるわけですから、寝た感じはぜんぜん抵抗や摩擦はなく、綺麗に後頭部にフィットしてくれます。頭皮への負担は0です。

近年低反発枕が流行りましたが、あれはぶっちゃけなんか寝心地よさそうじゃないんですよね。擬態語をつけるなら、「ネットリ」みたいな。出た汗は全部吸収しますみたいな。そんな意気込みだと思うんですよね。
一方この王様の夢枕はコンセプトとしては、頭の形にフィットするという意味で低反発枕と同じかもしれませんが、擬態語でいうと「サクッ」です。
この擬態語からも分かるとおり、大変寝心地が爽快なんです。
しかも寝ている間の頭への負担はかなり少なく、どんな体勢で頭を乗せてもうまくフィットしてくれて摩擦を感じません。
なので総じて、かなりおススメの枕だといえます。

ただし!
枕カバーが致命的にひどい!
いや、やわらかさを目指したのかもしれないけど、こんなもんいったいどんな部屋なら合うというのか!お部屋の雰囲気台無しです。
色も素材もダセエ!
そんなわけで事前に無印かどこかでまともな色使い、まともな素材の枕カバーを買っておくことをおススメします。

ちなみに余談ですが、ついてきた枕カバーは靴磨きに使うとお気に入りの革靴がピカピカになります。
枕カバーの再利用にどうぞ。

そんなわけで、王様の夢枕。いるコレ!?


イランカッタ!■■■□■イッタ!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。