ポータブルウォシュレットってどうなの!?-おしり洗浄器「ハンディ・トワレ」



昨年のことですが、齢35の冬、突如としてわたくしの肛門が悲鳴を上げました。いや、正しくは肛門が原因で私が悲鳴を上げました。そんな経緯があって、急きょウォシュレットが必要な身になってしまいました。とほほ。
しかし自宅の便座に備え付けるのは費用的にも手間を考えても、なかなかおおごと。そんな折であったのがこのパナソニックのハンディ・トワレでした。

2017043000495710e.jpg

もともとは通常のウォシュレットを自宅に備え付けるまでのつなぎ程度のつもりで購入しましたが、これでまったく不便がなかったので、そのまま日常用になってしまいました。

1.メリット
①とにかく簡単
使用時は水タンクに水かぬるま湯を入れるだけ!便座への取り付けも、トラブルの心配もなし。シンプル極まりないです。
ヘッド部からシャワー状の水が放出されることになっており、ヘッドは穴の数がことなるものが2種類付属しています。また、水圧はLoとHiの2種類あります。個人的にはHiがこのみです。水が当たる感じは通常のウォシュレットと違いはないと思います。

201704300049080e4.jpg20170430004925a08.jpg
※写真は使用前に撮ったものです。

②ポータビリティ
水のタンク部がそのまま本体の収納ケースになります。収納時のサイズ感は以下の写真の通り!
旅行かばんはもちろん、仕事かばんなどにもすんなり入りますので、持ち運び自由。ウォシュレットがあるかどうか不安を感じるところにはどこへでも持っていけます。
ちなみに私は購入後すぐに台湾旅行があったので、大活躍!が期待されましたが持っていくのをうっかり忘れてしまいました。
忘れてしまってはもともこもありません。

201704300049416af.jpg

③カラーバリエーション&アマゾン価格
現在は7色のカラーバリエーションがあるようです。いずれも本体は白、水タンク(兼ケース)の色違いです。
本記事執筆時で価格はアマゾンにて6000円しないくらい。お手頃ですね!

2.デメリット
①いちいち水を入れるのがめんどくさい
水のタンクに入れられる水の量は、ちょうど1回分なので、使用時はその都度洗面所で水を入れる必要があります。
それはさすがに備え付けのウォシュレットと比べたら不便です。
まあそういうものだと思えば大した問題ではないですけど。

3.使ってみての感想
購入後4か月ほど経ちますが非常に重宝しています。
私の場合はそもそも自宅にウォシュレット自体がなかったので、通常のウォシュレットの代用品として使っているわけですが、まったく不便していません。
毎日役立っているので、「イッタ!度」は満点にします。


イランカッタ!■■■■□イッタ!
スポンサーサイト

ふとん掃除機っている? アイリスオーヤマ コードレスふとんクリーナー




僕は4年前から鹿児島市に引っ越してきたんですが、ロケーションとしては海をはさんで真向かいに桜島。
ご存知のことと思いますが、桜島は毎日のようにどっかんどっかん噴火しており、鹿児島市の人にとって、その噴火で噴出された灰が自分の家のほうに流れてくるかどうかが結構大事なのです。
そのため、天気予報で予想天気や気温のあとに、桜島上空の風向き情報が報じられるほど。
ちなみに噴火で降る灰というのは簡単にいうと灰色の砂で、降られてしまった際は、風の強い日のグラウンドみたいな状態になります。

さて、そんな鹿児島市で男やもめで暮らしていると問題になるのが、洗濯物をいつ干すのかということ。
ちなみに僕は洗濯についてはこの4年間、乾燥機+部屋干ししかしないと決めており、ある意味解決しています。
しかしもう1つ問題だったのが、晩年床となっている布団をどうするかということだったのです。
干した場合いつ灰に降られるかもわからず(いくらダニを除去しても砂だらけの布団はいやですね)、ここ4年間本当に1度もベッドから動かしたことがなかったのです。
一応除湿剤を敷いてみたりはしていましたが、さすがにこれは気持ちがよくない。

そんな経緯があって、長年の懸念事項をようやくどうにかするためについに購入したのがこのアイリスオーヤマの布団掃除機です。

1.メリット
①コードレス
このアイリスを選んだ理由としては、なにより充電式でコードレスなことが一番のメリットでした。
使う際にいちいちコードをつないでという動作が、めんどくさがりな僕には向かないと思ったので。
また、このおかげで場所を選ばす使えるので、ソファーや車にも使えます。
1回の充電で稼動時間は30分くらい。

IMG_0695.jpg

②ダニちりセンサー
そして店舗で見たときに気に入ったのが、ダニなどのハウスダストで汚れていたらセンサーでそれを探知し、ランプで教えてくれるところ。
写真では緑に光っていますが、少し汚いと黄緑、かなり汚いと赤く点灯して、そこが汚れていることを教えてくれます。
赤ランプが光るとほんとは汚いってことなんですが、きたきた!って感じで、なかなかゲーム性があります。

IMG_0696.jpg

③紫外線ライト
殺菌、殺虫のために紫外線ライトが装着されています。
ただしこれは数秒当てた程度ではほとんど効果がないらしいですけどね。
まあないよりはあったほうがなんとなくいいかなと。

④カラーバリエーション&アマゾン価格
カラーバリエーションにブラウンがあり、見た目がかわいかったのもの決め手です。
また、山田さんが経営する電気屋さんで見たときは、24000円くらいで店舗で売られていたので、amazonのこの値段はかなりお買い得かと思います。

2.デメリット
①思ったよりごっそりは取れない
これはコードレスのデメリットなんですが、音がでかいわりに吸い込む力はかなり弱いです。
こちらとしては4年分のハウスダストがごっそりいくものと思っていたんですが、1回使ってみた程度では期待するほどごっそりではありませんでした。

②意外と使わない
意外と使いません(笑)
面倒なものは面倒ですからね。
布団をいちいち干すよりは面倒ではないかもしれませんけど。

3.使ってみての感想
3ヶ月ほど使ってみた感想として、まー買ってよかったといえばよかったかな、という感じです。
やはり布団を干せないのは気持ちがよくないので、鹿児島で暮らしていく以上、せめてこれをしたということで少しはその気持ち悪さを軽減させるというのは大事かなと思います。
ただしやはり干せるもんなら干したほうが気持ちいいんでしょうけどね。
これからもボチボチ使い続けるかなという気がします。


イランカッタ!■■□■■イッタ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。